うつ病の治療
● うつ病について● うつ病の治療● 周囲の人たちの対応● うつ病の診断
● 自分でできるケア● うつ病Q&A● 不安とうつ

【1】【2】【3】【4】【5】
不安とうつ
2.不安は病気?
UTU-NETでこれまでもお話してきたように、憂うつな気分が長期間続き、生活に支障をきたすような場合は、単なる気分の落ち込みではなく、「うつ病」と診断されます。不安も同様に、不安が長期間にわたり継続し、生活に支障をきたす場合は病気と診断され、治療が必要になります。不安の場合は、不安病とは言わず、「不安障害」となります。 病的で治療が必要な不安は、不安が継続し簡単には消えない、自律神経系の過活動性の身体的徴候を伴う、などの特徴があります。 病的な不安は不安障害と呼ばれますが、症状によって「パニック障害」「全般性不安障害」「社会不安障害」などにさらに細かく分類されます。

次へ 次へ

【1】【2】【3】【4】【5】
● うつ病について● うつ病の治療● 周囲の人たちの対応● うつ病の診断
● 自分でできるケア● うつ病Q&A● 不安とうつ