うつ病の治療
● うつ病について● うつ病の治療● 周囲の人たちの対応● うつ病の診断
● 自分でできるケア● うつ病Q&A● 不安とうつ

【1】【2】【3】【4】
  抗うつ薬のメカニズム
脳の中の変化
「こころと脳の関係」の項で説明したように、うつ病はこころとからだを活性化するセロトニンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の減少によって引き起こされると考えられています。
イメージ
図で記したように、うつ病患者さんの場合は普通の人に比較して、神経伝達物質の量が少なくなっています。そのため、うつ病の治療ではくすりによって、神経伝達物質がもとの神経細胞に再び取り込まれるのを阻害して、神経伝達物質の量を正常に近い状態に戻します。
従来の抗うつ薬
神経終末のセロトニンやノルアドレナリンを増やすことを目的として開発されたくすりですが、セロトニンやノルアドレナリン以外にも作用するため、くすりの副作用が比較的現れやすいといわれています。
(主な副作用)―口渇、便秘、排尿困難、眠気など



SSRIは、最近開発された抗うつ薬で、世界中で幅広く使用されています。これは、従来の抗うつ薬が、複数の脳内神経伝達物質に作用するのに対して、SSRIはうつ病の原因となるセロトニン系だけに選択的に作用して、神経終末のセロトニンを正常に近い状態に調整することによりうつ状態を改善するといわれています。従来の抗うつ薬に比べ、必要な受容体のみに選択的に作用するため副作用が少ないとされています。
 
 
次へ 次へ

【1】【2】【3】【4】
● うつ病について● うつ病の治療● 周囲の人たちの対応● うつ病の診断
● 自分でできるケア● うつ病Q&A● 不安とうつ