うつ病教室
●くすりが分かる3レッスン  ●Lesson1  ●Lesson2  ●Lesson3

おくすりのはなし
Lesson2:抗うつ薬によるうつ病の治療の特徴

うつ病の治療に使用される抗うつ薬にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴が異なります。おおまかなくすりの特徴を知っておくことは治療を進めるうえで大切なことです。

○抗うつ薬の特徴

それぞれの抗うつ薬の特徴を説明する前に、まず抗うつ薬の全般的な特徴を理解しましょう。
抗うつ薬には以下のような3つの特徴があります。


 
抗うつ薬の効果は、すぐには現れない

抗うつ薬は即効性のあるくすりではないため、病院で処方されてのみ始めたからといってすぐに効果は現れません。効果が現れ、症状が改善されてくるまでに約2〜4週間ほどかかることがあります。そのため、くすりをのみ始めてすぐに効果が現れないからといってあせったり心配する必要はありません。また、勝手にくすりの服用をやめてしまうのもいけません。

抗うつ薬は少量から始めて少しずつ増やしていく

抗うつ薬の服用は基本的に少量から始めて少しずつのむ量を増やしていきます。これは、それぞれの患者さんに必要な量を調整したり、少量から始めることにより副作用を避けるためです。
くすりの量が増えると「自分は症状が悪化しているのではないか」と勘違いして不安に思う人もいますが、抗うつ薬では徐々にくすりの量を増やしていくことは一般的なことです。


抗うつ薬は症状がよくなってもしばらくは服用を続ける

「頭では分かっているけれど、早くくすりをやめたい」、これは患者さんの本音だと思います。しかし、抗うつ薬は、医師の指示がある間は服用を続けなければなりません。その理由には次のことがあります。
 
症状がよくなって患者さんが治ったと思っていても、それはくすりによって症状が抑えられており、本当によくなったわけではない場合があるためです。そのため、医師の指示のある間はくすりの服用を続けてください。しかし、だんだんと症状がよくなればくすりの量も減りますし、本当によくなればくすりをのまなくても大丈夫にもなります。
うつ病は再発しやすい病気なので、症状がよくなってもその状態を維持するためにしばらくの間、くすりの服用を続けることが大切なためです。
医師の指示がないのに勝手にくすりの服用をやめることは、うつ病の再発や慢性化の一番の原因になるためです。

   事実、うつ病が再発したという患者さんが、自分の判断で勝手にくすりの服用をやめてしまっていたケースが少なくないのです。
熱を下げるくすりなどは、熱が下がればすぐにくすりの服用をやめますが、抗うつ薬はうつ状態が改善してもしばらくの間、くすりの服用を続けます。
症状がよくなっているのにくすりの服用を続けることに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、こういう病気とくすりなんだと理解することが大切です。また、この抗うつ薬には常習性や習慣性はありませんので、「くせになって、やめられなくなるのでは…」といった心配はいりません。

 
副作用がでたら医師に相談する

どんなくすりにも副作用はあるように、抗うつ薬の中にも副作用がでるものもあります。心配しすぎてもいけませんが、のみはじめに現れる一時的なものもあるため、まずは医師に相談してみましょう。

○抗うつ薬の種類とそれぞれの長所と短所

表に記したのは、現在うつ病の治療に使用されている抗うつ薬です。
基本的には三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRIの4種類に分類することができます。
 
一般名
三環系抗うつ薬 イミプラミン
アミトリプチリン
トリミプラミン
ノルトリプチリン
クロミプラミン
ロフェプラミン
アモキサピン
ドスレピン
四環系抗うつ剤 マプロチリン
ミアンセリン
セチプチリン
その他の抗うつ薬 トラゾドン
スルピリド
SSRI パロキセチン
フルボキサミン
セルトラリン
SNRI ミルナシプラン
NaSSA デュロキセチン
ミルタザピン
  詳しくはこちら
  【三環系抗うつ薬】
最初に開発された抗うつ薬で、成分の化学構造の特徴から三環系という名前が付けられています。
これらのくすりはうつ病の症状を改善する効果が期待できるのですが、その半面脳内の複数の神経伝達物質に作用するため副作用として口渇、便秘や心臓への影響が現れることもあります。


【四環系抗うつ薬】
三環系抗うつ薬に続いて開発されたくすりで、これも化学構造の特徴から四環系といわれています。うつ病の症状を改善する効果は三環系よりも弱まったのですが、その分副作用の発現が三環系よりも抑えられました。

【SSRI】
選択的セロトニン再取り込み阻害剤 (Selective Serotonin Reuptake Inhibitor) のことで、各単語の頭文字を取ってSSRIと名付けられています。
SSRIは近年開発された新しいタイプの抗うつ薬で、世界中で幅広く使用されています。
SSRIはその名前の通り、うつ病の原因となるセロトニン系のみに選択的に作用して、神経終末のセロトニンをある程度増やすように調整することでうつ状態を改善するといわれています。従来の抗うつ薬に比べ、必要な受容体のみに選択的に作用するため副作用が少ないとされています。


【SNRI】
セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤(Serotonin Noradrenaline Reuptake Inhibitor)のことで、各単語の頭文字を取ってSNRIと名付けられています。
SNRIはセロトニン系と同様に、ノルアドレナリン系にも作用し、比較的早期に効果が発現するといわれています。ほかのくすりとの相互作用が少なく、副作用が少ない、抗うつ薬とされています。


イメージ
 
ちょっとまめ知識
SSRIで副作用が現れにくい理由

三環系や四環系で副作用がでやすいのは、抗うつ薬がセロトニンの取り込み部位以外にもくっついてしまい、これが原因となってからだに影響がでるためです。特にアセチルコリンやヒスタミンなどの神経伝達物質の受容体にくすりがくっついてしまうことが多く、これによって口渇や便秘といった副作用が現れます。
イメージ
SSRIが従来の抗うつ薬と違って副作用が現れにくいのは、くすりがうつ病に関係するセロトニンの再取り込み部位のみにくっついて、ほかの受容体には影響を及ぼさないためです。
「抗うつ薬の特徴」のところでもお話ししましたが、抗うつ薬は服用を続けなければいけないくすりです。そのため、SSRIのような副作用の少ないくすりは、服用を続けやすいかもしれません。

前へ 次へ

●くすりが分かる3レッスン  ●Lesson1  ●Lesson2  ●Lesson3