パニック障害について
● パニック障害について  ● パニック障害の治療  ● 周囲の人たちの対応
● パニック障害の診断  ● 自分でできるケア  ● パニック障害Q&A

パニック障害の診断基準
これまで、説明してきたようにパニック障害には「パニック発作」・「予期不安」・「広場恐怖」といった3つの症候がみられます。パニック障害の診断では、単にパニック発作が起こったかどうかだけではなく、これら3つの症候の有無を確認してから診断を行います。また、本当に心臓や呼吸器などのからだの異常が原因で発作が起こってないかも調べます。
パニック障害の診断の中心は問診で、病院で聞かれる質問としては、以下のようなものがあります。
◆ 発作時にどんな症状があるのか
◆ はじめて発作が起こったのはいつなのか
◆ 一番最近の発作はいつ起こったか
◆ どのくらいの時間、発作が続いていたか
◆ 今までに発作を何回くらい経験しているか
◆ 発作が起こってから、いままでどのような気持ちでいたのか
◆ きっかけ、原因として思い当たるものはあるか
◆ 身のまわりで、最近何か大きな変化や事件は起こらなかったか
◆ 仕事の内容や人間関係など、日常生活でストレスを感じているものがあるか
◆ 家族構成と関係
◆ 生まれ育った環境や学歴・職歴
◆ 他の病気にかかっているか
◆ のんでいる薬はあるか
◆ 酒、タバコの量は1日どれくらいか   など
パニック発作では、「胸がドキドキする」、「息が苦しい」、「手足が震える」などのさまざまなからだの症状が出るため、これらが他の病気によるものでないことを確認しなければなりません。
そのためパニック発作の症状に合せて、からだの検査も行います。
例えばパニック発作の時に
「激しい胸の痛みを感じた」という人には狭心症や心筋梗塞の疑いがないか
「息ができなくなった」という人には喘息や呼吸器疾患、耳鼻咽喉科疾患の疑いがないか
「激しいめまいがした」という人には起立性低血圧やメニエール病、片頭痛、てんかん、脳外科的疾患などの疑いがないか

● パニック障害について  ● パニック障害の治療  ● 周囲の人たちの対応
● パニック障害の診断  ● 自分でできるケア  ● パニック障害Q&A