強迫性障害(OCD)教室


イラスト多くの患者さんが人に言えずに一人で悩み続けることが多い強迫性障害。
実は、この病気は少しでも早く発見して適切な治療を受けることによって症状の改善が期待できるのです。
まずは、この教室であなたが自分の中にずっと閉じ込めてきた強迫症状と向き合ってみませんか。

1  強迫性障害とは
  強迫性障害について
強迫性障害〜“分かっちゃいるけど止められない”
強迫性障害を見つけるための5つの質問
  ある日、これまでやり過ごせていたことが、
異常に気になり始めた
  強迫性障害の患者さんを苦しめる「強迫観念」と「強迫行為」
  決して珍しい病気ではない、強迫性障害
  困ったことに、なかなか見つからない強迫性障害
  「これって、やりすぎ・・・?」と感じたら、それは病院へ行くサイン!
  強迫性障害と間違われやすい様々な病気
  几帳面、凝り性・・・正常な性格と強迫性障害の違いは
“優先順位”を間違っていないかどうか

  強迫性障害の原因
セロトニン系の異常が強迫性障害の発症に関与している?
  強迫性障害は遺伝する?
  強迫性障害とストレス
  強迫性障害とうつ病の関係

  強迫性障害の治療
強迫性障害の治療「薬物療法」と「認知行動療法」の2つが中心
  強迫性障害のくすり
  強迫性障害の治療における認知行動療法の役割
  強迫性障害の治療を受けるときのポイント

2  強迫性障害 セルフチェック
  強迫性障害セルフチェック

3  強迫性障害と家族のサポート
  強迫性障害の治療と家族のサポート
STEP1.強迫性障害に少しでも早く気がつくために
  STEP.2家族の強迫性障害に気づいたときは、まず、これをしよう !
  STEP.3病院で強迫性障害と診断されたら?
  STEP.4強迫性障害の治療、家族はどんな風にサポートすればいい?


バーチャル精神科

セルフチェックの結果へ戻る