強迫性障害(OCD)教室
強迫性障害について
強迫性障害の原因
強迫性障害の治療
【1】【2】【3】【4】

強迫性障害の原因
強迫性障害とうつ病の関係

強迫性障害の患者さんはうつ病やパニック障害など、他の精神疾患を合併することが多いと言われています。中でもうつ病を併発するケースは多く、約1/3の患者さんにうつ状態が認められることが報告されています。強迫性障害の患者さんのうつ状態が一般的なうつ病と見誤られることがあるのですが、この2つにはいくつかの違いがあります。
例えば、一般的なうつ病では、午前中に気分の落ち込みが激しく午後から回復してくる日内変動がありますが、強迫性障害のうつ状態ではこのようなことはありません。また、うつ状態もうつ病患者さんのようにずっと続くわけではなく、気分がよくなったり、悪くなったりと波があります。
いずれにしても、うつ病も強迫性障害も、専門医での適切な治療が必要なため、なんとなく最近おかしいな・・・と感じているときは、自己判断せずに、まずは医師に相談してください。



前へ 次へ

【1】【2】【3】【4】
強迫性障害について
強迫性障害の原因
強迫性障害の治療