先生からのアドバイス
 ● ドクター・コラム  ● 私の診療日記
 ● 「女性ホルモン」と「うつ」  ● 「職場のうつ」
 ● 「強迫性障害の治療と家族のサポート」

ドクターコラム「精神科医の本音」
昭和大学医学部精神医学教室教授上島国利
上島国利教授

第1回−「もっと気軽に病院へ」

赤い文字をクリックすると詳細ページへジャンプします。
  ●病院は、通いやすいことが一番

 うつ病の患者さんが病院へ行こうと思ったとき、どうしても大学病院や総合病院のような大きな病院の精神科に行かなければいけないと考えている方が多いようです。私は大きな病院の精神科に行く必要はなく、むしろ、通いやすい心療内科やメンタルクリニックといった小さな病院で十分だと思います。うつ病は「こころのかぜ」ともいわれており、かぜをひいたときに近くのかかりつけ医を受診するように、うつ病でも家の近くの通いやすい病院を受診すればよいと思います。

 1つ注意してほしいことは、精神科、神経科、心療内科、メンタルクリニックと呼ばれる病院は、うつ病を専門的に診察・治療している病院なのでどこの病院を受診してもよいのですが、いわゆる神経内科という病院はうつ病などのこころの病気ではなく、神経の病気を専門的に診る病院であるため、混同しないようにしてください。

 また、どうしても「大きな病院できちんと検査を受けたい」と思う人は、近くのメンタルクリニックやかかりつけ医の先生に紹介状を書いてもらうことをお勧めします。大学病院などの「特定機能病院」といわれる病院を受診した場合、紹介状がないと初診料が高くなるためです(また、大学病院以外の大きな病院でも同じようなケースがあります)。経済的に考えても、うつ病で初めから大きな病院を受診する必要はなく、あくまで通いやすい病院がよいと思います。


●病院に行く準備? 必要ないですね。

 もし、患者さんに「うつ病で病院を受診したいのですが、何か準備をすることはありますか?」と質問されたら、私は迷わず「何もありませんよ」といいます。うつ病で悩んでいる方の多くが精神科に行くことに少し構え過ぎていると思います。病気のことが気になるから病院へ行く、このくらいの軽い気持ちでよいと思います。例えば、「お腹が痛い、熱が下がらない、これは病院に行こう」というときに何か準備をしますか。することといえば、家のどこかに眠っていそうな保険証を慌てて探すくらいではないでしょうか。うつ病で病院に行くのも同じことです。最近元気がない、気分が落ち込んでいる、こういう症状が気になるから、ちょっと病院へ行く、これで十分だと思います。

ドクター・コラム”精神科医の本音”  しかしながら、うつ病の患者さんは責任感が強く、まじめな方が多いため、「これは気持ちの持ちようで、病院へ行くことは甘えているのではないか」と考えてなかなか素直に治療を受けようとはしません。このホームページの「うつ病教室」のコーナーなどでも説明していますが、うつ病は気持ちの持ちようではなく、脳内神経伝達物質のバランスの乱れが原因で起こる1つの病気です。もう少し簡単にいうと、こころのガソリンが切れて元気がなくなった状態です。ガソリンが切れた状態で車を走らせ続けると車は間違いなく壊れます。うつ病も同じです。頭痛や肩がこるというのは、ガソリンが切れているというからだからのサインです。これを無視して無理したために、からだの一部が故障してうつ病になったと考えてみてください。そして、ガソリンを病院に補充しに行くと考えれば、もう少し肩の力を抜いて気軽に病院へ行けるのではないでしょうか。


●セルフチェックは、病院へ行くかどうかの目安

ドクター・コラム”精神科医の本音”  UTU-NETにもセルフチェックコーナーはありますが、最近ではこのようなこころの状態を判定できるテストがいろいろあります。しかし、このようなテストは決して「うつ病かどうか」の判定をするものではありません。実際に病院でも患者さんをこのようなテストの点数のみで、「うつ病」と診断することはありません。テストの結果は1つの指標として考えることはありますが、患者さんそれぞれに感じ方も、テストの受け方も、症状の現れ方も違うわけですから、あくまでも総合的に診察してうつ病かどうかを判断します。
ですから、このようなテストは病院に行く必要があるかどうかという目安として使うようにしてください。いい換えるとからだがだるく「かぜをひいたかな」と感じたときに熱を測ってみて、病院へ行くかどうかを決めるのと同じです。


●病院は、同じ曜日に行くと、同じ医師に

 うつ病では病院に行くための準備も、こころ構えもいらず、あくまで気軽に行くことだといいましたが、ひとつポイントをあげるとしたら病院は同じ曜日に行くようにすることです。例えば木曜日に初めて病院を受診したら、次回からも木曜日に行くようにしてください。そうすれば、いつも同じ医師に診察してもらえるようになります。特に大きな病院の場合、曜日によって担当の医師が変わってしまうため、曜日を変えるとそのたびに医師が変わってしまいます。これはうつ病のようなある程度通院期間が必要な病気では大切なことです。患者さんの状態を初診から診つづけることで患者さんの状態や特徴を把握しやすく、また信頼関係も築きやすいため、治療をスムーズに進められます。

うつの状態が気になっている人は、家の近くや、通勤途中の通いやすい病院へ、 気軽に行ってほしい、これが私の本音です。

次のページへ

 ● ドクター・コラム  ● 私の診療日記
 ● 「女性ホルモン」と「うつ」  ● 「職場のうつ」
 ● 「強迫性障害の治療と家族のサポート」

病院検索ページへ